バッテリーチェッカーの進化?

30年ほど前にコンパレータを使ったアナログバッテリーチェッカーを多数作った、12Vの鉛バッテリー専用で残量を電圧からある程度把握できるように3色のLEDで表示できるようにしたもの。最近は使用するバッテリーの種類も増えて電圧管理が主体で電圧も色々、アマゾンで中華製のデジタル電圧計が安く4V〜30Vまで計れて色も4色あったので以前のフイルムケースに入れてみた。さすがに10mVの桁はあっても調整してもバラつくので100mVの単位を信頼できるように。これで複数のセルの電圧を一度に見ることができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です