誘導電動機を使った三相発電機

インバータで三相誘導電動機を回転制御して連結させたACサーボモーターを回転させて純粋な三相交流を得るようにした。回転数と出力電圧が比例関係にあるので低回転では十分な電圧が得られないが、この出力で他のACサーボモーターを回すことができた、インバータの出力ではサーボモーターが正常に回転しなかったので、このような電源が必要になった、インバータは本来は三相交流200VであるがDC240Vを加えることで動作することが確認できた。今度はトランスで昇圧して実験をしてみたい

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *