稼働開始した

電流センサの取り付けを間違えたので、高所のため配電盤内での配線を変更して消費電力の多い方に供給するようにした。センサの向きはGTIからのコンセントブラグの差し込み方向で調整。

ソーラパネルは9枚を直列にしていたので4枚で結線し直し、2ブロックをGTIへ、あまったパネルは12Vバッテリへの充電にまわすことに。バッテリーへ開放電圧80Vでバッテリーも満充電で80Vの接続で晴天なのにソーラーパネルからの流入電流がほとんどない、過充電対策が裏目か?充電コントローラなしなので電力をとるかバッテリーをとるかだがメンテナンスを考えバッテリー重視で

何をするにもGTIの画面は小さすぎて確認すらできない、恐るべし老眼。最小はビデオカメラとゴーグルタイプのモニターでいけるぞ・・と思ったが

実際に使うと、場所が狭いので近すぎて焦点が合わなくて断念、そこで、マイクロスコープとパッドをwifi接続で

画面近くにスコープの先を持って行って数値を確認。リミッタの電力は950Wの最大値(1000Wにはならなかった)にセット。バッテリーの供給停止電圧54Vにセットしているが再開の電圧は56.5Vだったので70Vに変更?したい。

こんな状態で設定、確認作業

エアコンの室外機と近いけど、このすぐ上に電力会社からの引込み線があるので、短い電流センサーもなんとか足りた。バッテリー駆動で夜間も動作し、しかも夜間使用の多い1階の系統なので明日のバッテリーなどの状態が心配。そういえば1日単位で稼働状態がグラフで見えるらしいので確認が楽しみ。

GTI機能は高いが画面が・・・

最初に何もしていない時の消費電力を調べてみた3.3Wファンも回っていないのでおそらく最小値

何が辛いか老眼鏡をして画面近くまでいかないとよく見えない最初の設定で困った。そこで・・・

ビデオカメラでGTIの画面を拡大してパソコンモニタへ映した

ビデオカメラに三脚をつけてズーム機能で拡大してその映像をパソコンモニタに映すことで細かな設定画面もよくわかるようになった

昇圧式DC-DCコンバータで擬似発電
中国製のものを改造、電圧電流を表示、調整できるようにした

実験用にソーラパネルの代わりに昇圧式のDC-DCコンバータを使った

電流センサを付けてリミッタ動作を確認してみた

最低のリミット電力

電力リミットの最小値15Wに設定した時の表示、16.5Wなのね?20Wにすると

20.5W

電圧を変えてインバータの停止動作などを確認したので明日はパネルなどを接続してみよう、液晶画面を見るのが辛いね・・・

組立、動作試験終了

SUN-1000GTIL2-WIFI Plug LCD 45-90V版を約4万円で入手、ケースは鉄製の扉付きをリユースして、背面は壁に押し当てるので放熱を考慮して開放

GTI以外はリユース品で統一性はなし
背面の板はこれまた碁盤のリユース

バッテリーはトヨタのハイブリッド車のバッテリーを5千円でリユースして7.2V6.5Ah10S(72-84V)約400Whを2ブロックで800Wh、これに外部のソーラーパネル55W開放電圧22V4S(88V)約400Wをそれぞれに接続、バッテリーの管理などを考えてダイオード(S02C 10A200V)で分離接続した。

バッテリーはブロックで拘束して置いてあるだけ
小さな青いものが電流センサ、これで逆流を阻止するリミット動作ができる

2階ベランダのエアコン室外機の前に設置する予定で、メンテナンスなどを考えキャスターで移動できるようにした。